ポンド/米ドル 1.3600を突破できるか

キーハイライト

  • ポンド/米ドルは、堅調に推移し、現在1.3420のサポートより上で取引される
  • ポンド/米ドル 4時間足チャートに、1.3430をサポートとする極めて重要な上昇トレンドラインが形成
  • 2017年10月期の米・製造業新規受注件数が発表、結果は予測値0.4%減に対し0.1%の減少
  • 本日、2017年11月期の英・サービス購買担当者景気指数が発表予定、市場予測は前回値55.6から55.0への減少

ポンド/米ドル テクニカル分析

ポンド/米ドルは、1.3450より上で上昇の勢いをつけています。同ペアは、目先相場では、次の1.3600突破を目指し、まもなく1.3550を上抜けする展開が予想されます。ポンド/米ドル テクニカル分析

ポンド/米ドルは、一旦値を下げた後、1.3220で下支えされ、上昇基調に入りました。その後同ペアは、堅調に推移し、1.3400と1.3500のレジスタンスを上抜けしました。しかし、同ペアは高値1.3549更新後、値を下げて調整相場に入りました。

その後ポンド/米ドルは、下値1.3220上値1.3549の値動きで形成されたフィボナッチリトレースメント38.2%ラインを試す展開となりました。下落局面では、4時間足チャートに1.3430をサポートとする極めて重要な上昇トレンドラインが形成されています。

このトレンドラインと1.3420近辺のサポートエリアが、今後の動向の重要なポイントとなりそうです。従って、同ペアは1.3420より上で推移する限り、引き続き1.3600に向けて続伸し、同レベルを抜けた場合は更に上昇幅を広げる展開となりそうです。

米・製造業新規受注件数

米国では、米国国勢調査局より2017年10月期の米・製造業新規受注件数が発表されました。市場では、前月比0.4%程度の減少と予測されていましたが、結果は、0.1%の減少となり、予測値より好調な結果となりました。しかしながら、前回値1.7%増(1.4%増から上方修正)と比べると、残念な結果であったといえます。

ポンド/米ドルは、同指標発表後ニュートラル(中立)になりましたが、1.3420のサポートより上で上昇傾向を維持しています。

本日の注目すべき重要指標

  • 独・製造業購買担当者景気指数:2017年11月期の市場予測は、前回値54.9より変化なし
  • 仏・サービス購買担当者景気指数:2017年11月期の市場予測は、前回値60.2より変化なし
  • 西・サービス購買担当者景気指数:2017年11月期の市場予測は、前回値54.6に対し55.2
  • ユーロ圏・ サービス購買担当者景気指数:2017年11月期の市場予測は、前回値56.2より変化なし
  • 英・ サービス購買担当者景気指数:2017年11月期の市場予測は、前回値55.6に対し55.0
  • 米・ サービス購買担当者景気指数:2017年11月期の市場予測は、前回値54.7に対し55.4


Aayush Jindal

Aayush is a Senior Forex, Cryptocurrencies and Financial Market Strategist with a background in IT and financial markets. He specialises in market strategies and technical analysis, and has spent over a decade as a financial markets contributor and observer. He possesses strong technical analytical skills and is well known for his entertaining and informative analysis of the currency, commodities, Bitcoin and Ethereum markets.

Aayush- 過去の記事