ポンド/米ドル 英中銀の決定を控え、ポンドは利上げに向けた動き

キーハイライト

  • ポンド/米ドルは、1.3100よりはるか下で推移後、堅調な上昇相場へと転換
  • ポンド/米ドルは、直近で急上昇し、4時間足チャートに形成された2つの重要な下降トレンドラインを1.3250付近でブレイク
  • 英・製造業購買担当者景気指数(PMI)が発表、2017年10月期は、前回値の55.9から56.3へ上昇
  • 本日、英中銀の政策金利発表予定、0.25%から0.50%への引き上げとなる見通し

ポンド/米ドル テクニカル分析

ポンド/米ドルは、2017年10月27日の時点で、1.3100のサポートエリアより下で取引されていました。 その後、ポンド/米ドルはサポートされ、上昇相場に入り、1.3200より上を推移しています。

ポンド/米ドル テクニカル分析

同ペアは、上昇中、4時間足チャートに形成された2つの重要な下降トレンドラインを1.3250付近でのブレイクしています。ポンド/米ドルはさらに、現在1.3210付近に形成されている100日単純移動平均線(4時間足、赤)より上で推移しています。

現在、同ペアは、1.3300付近に形成されている200日単純移動平均線(4時間足、緑)より上を目指しもみ合っています。1.3300を超えた場合、1.3350や1.3400付近を目指して、更に上昇していく可能性があります。

同ぺアが現状より値を下げた場合、直近でブレイクした1.3250付近のレジスタンスが、適正なサポートレベルとしての機能に転換する可能性が考えられます。

英・製造業購買担当者景気指数

英国では、英公認購買部協会及び民間調査会社マークイット社より、2017年10月期の製造業購買担当者景気指数(PMI)が発表されました。市場では、前回値の55.9から55.8への微減と予想されていましたが、結果は市場予想を上回り、前回値の55.9から56.3への上昇となりました。同レポートによると、生産高と新規受注高は堅調に伸びています。2017年10月期 英・製造業購買担当者指数(PMI)

同発表について、IHSマークイット社のディレクターであるロブ・ドブソン氏は以下のように述べています。

「新規受注の増加が、企業の生産拡大の再開を促し、2017年第4四半期の英国の製造業は印象的なスタートを切りだしました。同セクターは、今後も四半期ベースで1%前後の伸びを達成するとの見方があることから、第3四半期にONSが公式に推定値で示した、堅調なペースを維持するでしょう。」

全体的に、ポンド/米ドルは上昇相場を維持しており、本日発表される英中銀の政策金利が引き上げとなった場合、1.3350-1.3400を目指して更なる上昇の展開となる可能性があります。

本日の注目すべき重要指標

  • 英中銀(BOE)の政策金利発表:0.25%から0.50%への引き上げとなる見通し
  • 独・失業者数変化:2017年10月期の市場予測は、前回値マイナス2.3万人に対しマイナス1.1万人
  • 独・失業率:2017年10月期の市場予測は、前回値5.6%より変化なし
  • ユーロ圏・製造業購買担当者指数(PMI):2017年10月期の市場予測は、前回値58.6より変化なし
  • 独・製造業購買担当者指数(PMI):2017年10月期の市場予測は、前回値60.5より変化なし
  • 西・製造業購買担当者指数(PMI):2017年10月期の市場予測は、前回値54.3に対し54.9
  • 仏・製造業購買担当者指数(PMI):2017年10月期の市場予測は、前回値56.7より変化なし
  • 伊・製造業購買担当者指数(PMI):2017年10月期の市場予測は、前回値56.3に対し56.8
  • 米・新規失業保険申請件数:前回値23.3万件に対し23.5万件


Aayush Jindal

Aayush is a Senior Forex, Cryptocurrencies and Financial Market Strategist with a background in IT and financial markets. He specialises in market strategies and technical analysis, and has spent over a decade as a financial markets contributor and observer. He possesses strong technical analytical skills and is well known for his entertaining and informative analysis of the currency, commodities, Bitcoin and Ethereum markets.

Aayush- 過去の記事