ユーロ/米ドル 続伸となるか

キーハイライト

  • ユーロ/米ドルは続伸後、1.0700の上で推移
  • ユーロ/米ドル 4時間足チャート上1.0700付近のサポートラインと1.075付近のレジスタンスラインによる上昇チャネルパターンが形成
  • 同ペアは、レジスタンスエリアに接近中、1.0750付近での動きに注目
  • 本日、ユーロ圏で欧州委員会より消費者信頼感指数が発表、2017年1月期の市場予想は、マイナス5.1

ユーロ/米ドル テクニカル分析

ユーロ/米ドルは、現在上昇トレンドを維持しており、1.0700より上で推移しています。同ペアに対する市場心理は、好調であることから、しばらくの間、上昇トレンドが継続することが予測されます。

ユーロ/米ドル テクニカル分析

ユーロ/米ドルは、直近で1.0700付近のレジスタンスエリアをブレイク後、1.0750を目指して続伸しています。4時間足チャート上に、1.0700付近のサポートラインと1.075付近のレジスタンスラインにより、上昇チャネルパターンが形成されています。

ユーロ/米ドルは、現在、レジスタンスラインに接近しています。同付近には、直近の下落時での高値1.0719 安値1.0580で設定した、フィボナッチエクステンション1.236倍のラインも形成されており、売り勢力の強いエリアとなることが考えられます。

しかし、ユーロ/米ドルは上昇トレンドであることから、売りに転じた場合も、再び買戻しとなることが予測できます。同ペアは、100日単純移動平均線及び、200日単純移動平均線の上で推移しており、また上昇傾向であることから、今後も引き続き上昇していくことを暗示しています。

ユーロ圏消費者信頼感指数

本日、ユーロ圏では重要指標の発表はありません。欧州委員会により発表される消費者信頼感指数が唯一注目すべき指標になります。 この指標は、経済活動に対する消費者マインドを図る指数であり、2017年1月期の市場予想は、前回値のマイナス5.1から変化なしとなっています。

結果が予想を下回った場合、ユーロ/米ドルは売り優勢となるでしょう。一方、結果が予想を上回った場合、ユーロ/米ドルは引き続き上昇していくことが予測され、1.0750台をブレイクし、1.0800を目指して上昇していくことも考えられます。ユーロ/米ドルは、期待はずれの結果となる指標発表がない限り、今後も上昇していくことが予測できます。



Aayush Jindal

Aayush is a Senior Forex, Cryptocurrencies and Financial Market Strategist with a background in IT and financial markets. He specialises in market strategies and technical analysis, and has spent over a decade as a financial markets contributor and observer. He possesses strong technical analytical skills and is well known for his entertaining and informative analysis of the currency, commodities, Bitcoin and Ethereum markets.

Aayush- 過去の記事