米ドル/加ドル 米・非農業部門雇用者数変化発表待ち

キーハイライト

  • 米ドル/加ドルは、買い先行が続き、1.3640台に突入後1.3770目指して続伸
  • 米ドル/加ドル 4時間足チャート上1.3670付近にサポート機能を持つ上昇チャネルパターンが形成
  • 昨日、カナダ統計局より加・貿易収支が発表、2017年3月期の結果は、予測値マイナス8億加ドルに対し、マイナス1.4億加ドル
  • 本日、米・労働省労働統計局より、非農業部門雇用者数変化が発表、2017年4月期の市場予測は、前回値9.8万人に対し18.0万人

米ドル/加ドル テクニカル分析

米ドル/加ドルは、買い先行が続き、1.3620-40付近のレジスタンスエリアより上で推移しました。同ペアは、現在調整局面に入っているものの、1.3670付近でサポートされています。

米ドル/加ドル テクニカル分析

米ドル/加ドルは、売り優勢のエリアである1.3770付近まで上昇しましたが、その後調整局面に入っています。 4時間足チャート上1.3670付近にサポート機能を持つ上昇チャネルパターンが形成されており、同パターンが1.3680 と 1.3670付近でサポートしての機能を果たすことが予測できます。

また、直近の上昇波での安値1.3410 高値1.3776で設定されたフィボナッチリトレースメント23.6%ラインも1.3675付近に形成されていることから、同ペアが下降に転じた場合、1.3760付近にある複数のサポートエリアが同ペアの更なる下落に歯止めをかけることになるでしょう。

加・貿易収支

昨日、 カナダ統計局より加・貿易収支が発表されました。市場では、2017年3月期は、前月のマイナス9.7億カナダドルに対しマイナス8億カナダドルと予測されていました。

Canada’s International Merchandise Trade March 2017

結果は予想をやや上回り、1.4億カナダドルの赤字にとどまりました。輸入額は、471.1億加ドル、輸出額は469.8億加ドルという結果となっています。

上記結果の他、以下の内容が報告されています。

「3月期の輸出額は3.8%増加し、470億加ドルという結果になっています。2月期の2.5%減に対し、11部門中8部門で増加がみられました。輸出量は3月に2.5%上昇し、また価格は1.3%上昇しました。主にエネルギー製品、消費財、および金属および非金属鉱物製品の伸びが、3月期の輸出増加につながりました。」

米ドル/加ドル相場は、米国の非農業部門雇用者数変化、及び加・雇用者数変化の発表後、1.3770 または 1.3660目指して上昇していくことが予測できます。

本日の注目すべき重要指標

  • 米・非農業部門雇用者数変化:2017年4月期の市場予測は、前回値9.8万人に対し18万人
  • 米・失業率:2017年4月期の市場予測は、前回値4.5%に対し4.6%
  • 米・平均時給:2017年4月期の市場予測は、前回値0.2%に対し0.3%(前月比)
  • 加・雇用者数変化:2017年4月期の市場予測は、前回値1.94万人に対し1万人
  • 加・失業率:2017年4月期の市場予測は、前回値6.7%より変化なし
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言


Aayush Jindal

Aayush is a Senior Forex, Cryptocurrencies and Financial Market Strategist with a background in IT and financial markets. He specialises in market strategies and technical analysis, and has spent over a decade as a financial markets contributor and observer. He possesses strong technical analytical skills and is well known for his entertaining and informative analysis of the currency, commodities, Bitcoin and Ethereum markets.

Aayush- 過去の記事