NZドル/米ドル 0.7460をブレイクできるか

キーハイライト

  • NZ/米ドルは、直近で買い圧力が強まり、0.7400より上で推移
  • 4時間足上、0.7360付近に形成されたレジスタンス機能を持つ三角持合い相場をブレイク
  • 本日、ユーロ圏では、2017年7月期の独・IFO景況指数が発表、結果は前回改定値115.2から116.0へ増加
  • 本日、2017年5月期の米・S&P/ケースシラー住宅価格指数が発表予定、市場予測は前年同月比5.8%の増加

NZドル/米ドル テクニカル分析

先日、NZドル/米ドルは、0.7400台に突入しました。NZドル/米ドルは引き続き上昇傾向を示していて、高い水準が続くことが予測されます。

NZDUSD Technical Analysis New Zealand US Dollar

NZ/米ドルは、4時間足チャート上の0.7360付近に形成された、レジスタンス機能を持つ三角持合い相場のブレイクをきっかけに上昇トレンドに転じました。同ペアは0.7458の高値で更新され、その後、押し戻されました。

更新され、その後、押し戻されました。
NZ/米ドルは、直近の上昇波での安値0.7333 高値0.7458で設定されたフィボナッチリトレースメント50%ラインのある0.7400付近まで急落しましたが、その後持ち直しました。今後は上昇が続くことが予測され、上昇を続けた場合は、0.7460付近が次のレジスタンスエリアとなることが考えられます。

今後買い優勢が続けば、0.7460をブレイクする可能性もあります。また、現在、RSIが62%ラインを上回っていることからも上昇を暗示しています。

独・IFO景況指数

本日、ユーロ圏では、独・IFO研究所より、2017年7月期の独・IFO景況指数が発表されました。市場では、前回値115.1から114.9への減少が予測されていました。

結果は市場予測を上回り、116.0への増加となりました。尚、前回値については、115.1から115.2へ改訂されています。独・現況分析の結果に関しては、前回改定値124.2から125.4への増加となっています。

この結果に加え、以下の内容が報告されています。

独・ザクセン州のIFO景況は、7月に最高記録を更新しました。それだけではなく、5月は112.9、6月はそれをさらに上回る115.9を記録し、この2ヶ月間は過去最高水準に近い値での動きを見せています。6月の現況分析については、ここ数ヶ月間に見られていた上昇傾向を引き続き維持していました。

同結果は、ユーロ相場にとって好材料となり、現在のところ、ユーロ/米ドルは、1.1640付近のサポートエリアより上で推移しています。



Aayush Jindal

Aayush is a Senior Forex, Cryptocurrencies and Financial Market Strategist with a background in IT and financial markets. He specialises in market strategies and technical analysis, and has spent over a decade as a financial markets contributor and observer. He possesses strong technical analytical skills and is well known for his entertaining and informative analysis of the currency, commodities, Bitcoin and Ethereum markets.

Aayush- 過去の記事