NZドル/米ドル FOMC政策金利、NZ・GDPの影響を受け下落

キーハイライト

  • NZドル/米ドルは、高値0.7430更新後下降に転じる
  • NZドル/米ドルは、鍵となる4時間足チャート上0.7330付近のサポートエリアをブレイク
  • 本日、米国では、FOMC政策金利が発表、金利据え置きを決定、来年以降の利上げへの議論に注目
  • 本日、ニュージーランド国内総生産(GDP)が発表、2017年第2四半期の結果は、予測通りの0.8%増

NZドル/米ドル テクニカル分析

先週のNZドル/米ドルは、堅調に推移し0.7400に突入したものの、下降に転じました。同ペアは現在0.7360より下で推移しています。

NZドル/米ドル テクニカル分析

NZドル/米ドル 4時間足チャートからわかるように、NZドル/米ドルは、高値0.7430更新後下降に転じました。同ペアは、下降トレンドに入り、直近の上昇波での安値0.7182 高値0.7433で設定されたフィボナッチリトレースメント38.2%ラインをブレイクしています。

直近では、動向の鍵となる0.7335付近のサポートエリアもブレイクし、0.7330付近のサポートエリアもまもなくブレイクすることが予測できます。

もし、同フィボナッチリトレースメント50%ラインに続き、0.7330付近もブレイクした場合、0.7280-0.7250目指してさらに続落の展開となることが予測できます。

ニュージーランド国内総生産

本日、ニュージランド統計局より、国内総生産(GDP)が発表されました。2017年第2四半期の市場予測は、前期比0.8%増となっていました。

結果は予測通りの0.8%増となり、前回改定値0.6%を上回りました。前年同期比では、前回値から横ばいの2.5%増となり、予測通りの結果となりました。

ニュージランド国内総生産(GDP)2017年第2四半期

国民勘定シニアマネージャーのゲイリー・ダネット氏は、以下のように述べています。

この四半期は、好調な輸出と国内需要によって成長が支えられました。また、輸出の需要は、製造業とサービス業の生産高の増加をもたらしました。さらに、16業種のうち11業種が増加しており、小売業や宿泊業が最も増加しました。

同結果における市場心理への影響はなく、NZドル/米ドルは、0.7280まで下落する可能性があります。



Aayush Jindal

Aayush is a Senior Forex, Cryptocurrencies and Financial Market Strategist with a background in IT and financial markets. He specialises in market strategies and technical analysis, and has spent over a decade as a financial markets contributor and observer. He possesses strong technical analytical skills and is well known for his entertaining and informative analysis of the currency, commodities, Bitcoin and Ethereum markets.

Aayush- 過去の記事