NZドル/米ドル NZドル弱気の展開

キーハイライト

  • NZドル/米ドルは、下落相場となり、0.7150台を下回って推移
  • NZドル/米ドル 4時間足チャート上に0.7100付近をレジスタンスとする下降トレンドラインが形成
  • 2017年9月期のニュージーランド電子カード小売販売数が発表、結果は前月比0.1%増
  • 本日、2017年10月期の米・IBD / TIPP経済楽観度指数が発表予定、市場予測は、前回値53.4から54.2への増加

NZドル/米ドル テクニカル分析

NZドル/米ドルは、0.7250付近上でもみ合い相場となっていました。その後、同ペアは、下降トレンドに入ったり、現在0.7150を下回って推移しています。

NZドル/米ドル テクニカル分析

NZドル/米ドルは、上値の重い相場展開となり、0.7160-0.7150付近のサポートエリアをブレイクしました。同エリアは現在、レジスタンスエリアの役割を担っています。NZドル/米ドルは、直近で最安値0.7055を更新し、現在は回復基調に入っています。

引き続き回復傾向を維持する場合、直近の下落時での高値0.7243 安値0.7055で設定されたフィボナッチリトレースメント23.6%ライン付近が、同ペアが最初に直面することになるレジスタンスエリアとなりそうです。さらに、4時間足チャート上には、0.7100付近をレジスタンスとする下降トレンドラインが形成されているため、同ペアが上昇する場合、同エリアで売り優勢となることが予測できます。

0.7100付近を超える展開となった場合、0.7150と0.7160付近のレジスタンスエリアが、上昇のハードルとなることが考えられます。

ニュージーランド電子カード小売販売数

昨日、2017年9月期のニュージーランド電子カード小売販売数が、ニュージーランド統計局より発表されました。市場では前月比0.7%増と予測されていましたが、結果は市場予測を下回る0.1%増となりました。

尚、前回値はマイナス0.2%から0.1%に修正されています。前年同月比では、前回値の4.4%増を下回り、2.9%増に留まりました。

New Zealand’s Electronic Card Retail Sales Sep 2017

小売販売マネージャーであるスー・チャップマン氏は、今回の結果について、以下のようにコメントしています。

「燃料消費量の低下は、四半期初めの燃料価格の低下に伴う結果であると考えます。9月の総選挙が電子カード販売数に与えた影響力については、確固たる数値として結論付けることは難しい状況です。」

結果、NZドル/米ドル相場に対する市場心理は中立であることから、今後NZドル/米ドル相場は、短期的に0.7120-0.7150付近までやや回復傾向が続くものと考えられます。

本日の注目すべき指標発表

  • 英・鉱工業生産指数:2017年8月期の市場予測は、前月値0.2%増より変化なし
  • 英・製造業生産指数:2017年8月期の市場予測は、前月値0.5%増に対し0.3%増
  • 英・非欧州貿易収支:2017年8月期の市場予測は、前月値マイナス38.4億ポンドに対しマイナス36.0億ポンド
  • 英・商品貿易収支:2017年10月期の市場予測は、前月値マイナス125.8億ポンドに対しマイナス112.0億ポンド
  • 米・IBD/TIPP景気楽観指数:2017年10月期の市場予測は、前月値53.4に対し54.2


Aayush Jindal

Aayush is a Senior Forex, Cryptocurrencies and Financial Market Strategist with a background in IT and financial markets. He specialises in market strategies and technical analysis, and has spent over a decade as a financial markets contributor and observer. He possesses strong technical analytical skills and is well known for his entertaining and informative analysis of the currency, commodities, Bitcoin and Ethereum markets.

Aayush- 過去の記事