4 – 必要証拠金について

必要証拠金について

さて、前項で解説しましたレバレッジとセットで重要なのが、必要証拠金と証拠金維持率という言葉です。これらの言葉についてはしっかりと理解しておきましょう。

それではまず、必要証拠金から解説していきましょう。

必要証拠金とは?

FXとは外国為替証拠金取引だとお話ししてきましたが、その取引そのものとして、まず、FXでは特定の通貨ペアを売買します。

この通貨ペアの買い、或いは売りを行うトレードの事を「買い(または売り)ポジションを持つ」と言います。そして、このポジションを保有するために必要な資金の事を「必要証拠金」と言います。

この証拠金の金額はFX業者各社によって異なります。先ほど述べましたレバレッジの違いにより、各社とも微妙に異なるのです。

1ドル=100円の時に、10000ドル(約100万円)の買いトレードをしたい場合の証拠金算出方法

レバレッジ25倍100円×10000ドル÷25=40000円となり、必要証拠金は4万円となります。
つまり、1万ドルのトレードをするのに必要な資金は4万円ということです。
レバレッジ200倍100円×10000ドル÷200=5000円となり、必要証拠金は5000円となります。
つまり、1万ドルのトレードをするのに必要な資金は5千円ということです。
レバレッジ500倍100円×10000ドル÷500=2000円となり、必要証拠金は2000円となります。
つまり、1万ドルのトレードをするのに必要な資金は2000円ということです。

このように、レバレッジが高くなればなるほど、トレードするために必要な必要証拠金は小さくなります。

なお、上記でも利用した必要証拠金の計算式は頭に入れておきましょう。

基本公式

為替レート×購入通貨量÷レバレッジ数=必要証拠金

具体的な計算方法は、次の通りです。

レバレッジ25倍 / 1ドル = 100円で、10,000ドル分のトレードをする場合

100円×10000ドル÷25=40000円となり、必要証拠金は4万円となります。

これが必要証拠金という仕組みです。今回は手動で必要証拠金を計算しましたが、実際には各FX会社でトレードに必要な必要証拠金額は定められており、その都度、計算する必要はありません。なお、ただ単に証拠金と言う場合は、FX口座に預けた金額の全額を指します。証拠金と必要証拠金、この違いは覚えておいて下さい。



監修者 たあぼプロフィール

ブラック企業で過酷に働く中、体調を壊したことをきっかけに脱サラし2010年3月にFX自動売買ソフトの検証ブログを立ち上げる。知識も経験も何も無い所から開始し、数多くの自動売買ソフトを実際に使用しながら検証を続けるブログとメルマガを毎日更新し続け、FXの仕組み、自動売買ソフトの魅力やリスクなどの啓蒙にも力を入れている。その独自の視点から数千名の濃い読者に支えられている。

監修者 たあぼプロフィール- 過去の記事