1 – FX(外国為替証拠金取引)とは?

FX(外国為替証拠金取引)とは?

FXとは、正確には『外国為替証拠金取引』の事です。

英語では「Foreign Exchange」と言いますが、日本では、「F」と「X」を足してFXと呼称しています。海外では一般的にForexが主流です。

この外国為替証拠金取引は、ずっと昔からあった訳では無く、日本で解禁されたのは、外国為替及び外国貿易法(外為法)に大幅な規制緩和が行われた1998年10月です。それまでは政府の認可した外国為替公認銀行を通じなければ行えなかった通貨の売買を、一般企業や個人も出来る様になったのです。

FXとは大変シンプルな言い方をすると、『異なる2つの通貨を交換する』という事になります。異なる通貨というと、日本なら「円」、アメリカなら「ドル」、EUなら「ユーロ」がそれぞれ使われていますが、これら通貨は基本的にその国でしか使えません。

皆さんが海外旅行へ行く時に、日本円をドルやユーロなどの現地通貨に両替すると思いますが、基本的な仕組みはそれと同じです。

しかし、上記のような、単なる両替とは違ってFXは金融商品です。ただ単に手元のお金を両替するだけでは、大きな利益を得る事は出来ません。端的に言いますと、通貨と通貨を交換するタイミングを見計らって、発生する差額で利益を狙うのがFXです。その仕組みは簡単に言えば以下のような流れになります。

  • 1ドル=100円の時に、100円で1ドルを購入
  • その後、対ドルで円の価値が上昇し、1ドルが101円に
  • 1ドルを売って101円で日本円に買い戻す

つまり、1ドルを100円で買い101円で売ったので、1円の利益を得たことになります。

もっと具体的な例を出しますと・・・

たとえば1ドルが70円台だった超円高の時に、海外旅行などの際に両替しておいたドルを、たまたまアベノミクスが始まった頃の、1ドル=130円近辺まで進んだ円安の時に円に両替して、手元の円資金が大きく増えた、という経験をされた方もおられるかも知れません。こういうことを日常的に行い、利益を狙う事が出来るのがFXなのです。

しかも、両替商や金券ショップへ出向く事無く、自宅PCやスマートフォンなどで、いつでも好きな時に挑戦出来るのもFXの大きな特徴です。

あなたもこれまでに、「〇〇億円をFXで稼いだ!」などの例を聞いたことがあるかもしれませんし、もしかすると、FXに興味を持ったきっかけが、まさにそのような情報だったかも知れません。そのような大きな可能性を持っているのがFXでもあります。

一体何故、一般のトレーダーがFXで大きな利益を得る事ができたのか?それは、FX取引の最大の特徴とも言える、証拠金という仕組みとレバレッジのおかげです。証拠金とレバレッジについては、後ほど別の項で詳しくお話しします。



監修者 たあぼプロフィール

ブラック企業で過酷に働く中、体調を壊したことをきっかけに脱サラし2010年3月にFX自動売買ソフトの検証ブログを立ち上げる。知識も経験も何も無い所から開始し、数多くの自動売買ソフトを実際に使用しながら検証を続けるブログとメルマガを毎日更新し続け、FXの仕組み、自動売買ソフトの魅力やリスクなどの啓蒙にも力を入れている。その独自の視点から数千名の濃い読者に支えられている。

監修者 たあぼプロフィール- 過去の記事

Comments are closed.