5人の経験豊富なFXトレーダーに聞いた、FXトレーダーとしての成功のカギとは?

近年、FX取引は、時間や場所を問わず、だれでも参加が出来る金融市場として大変人気を集めています。

しかし、FX取引を始めるにあたり、どこから手を付ければいいのかわからない、またはFXを始めてみたがなかなか上手くいかないといった方々はたくさんいらっしゃると思います。

そんなFX初心者の皆様のために、Titan FXでは、「FXトレーダーとしての成功のカギとは?」をタイトルに、経験豊富なFXトレーダーの皆様から、貴重なアドバイスを集約いたしました。

まさじろーさん (FX兼業トレーダーまさじろーのブログ。)

まさじろー

FXで成功するために必要な2つの要素

FXで成功するために必要なことは「リスク管理」です。リスク管理と聞けば大抵の人は投資資金の1〜2%「低レバレッジ」での運用のことを想像すると思いますが、私が考えるリスク管理は「FX口座に自分の資金をできるだけ入れないこと」です。

FXのメリットはレバレッジをかけれるところにあります。巷にはハイレバレッジ=ギャンブルといった嘘の常識が流れていますが、FXで成功するためにはそのメリットを最大限に生かす必要があります。

10万円〜100万円といった巨額なお金をFX口座に入金し、低レバレッジで運用するよりも、数千円〜3万円くらいの少ない投資資金をハイレバレッジで運用していく方が、あなた自身のお金に対するリスクは低くなります。例え全て負けても数千円〜3万円の負けです。またやり直せます。

これが私が考えるFXの賢い利用法であり、成功する秘訣です。

まとめると、

  • FX口座には大きな資金を投入しないこと(初期投資額を抑える)
  • 少ない投資資金にハイレバレッジで運用していくこと(FX最大のメリットレバレッジを最大限利用する)

FXで成功したいなら国内口座を使うより海外のハイレバレッジ口座を使うことをオススメします。

じゅんさん (FXブログ!水平線大好きトレーダーが好き勝手書く。)

じゅん

僕はFXを始めて、最初の頃になにもわからないまま70万円を失いました。もし初心者の頃の自分になにか伝えれるとすれば、「まず1年間は稼ぐつもりで売買するんじゃなくて、生き残って感じたことをノートに取るなり記録しろ。」と伝えます。

稼ぎたいと思って始める方がほとんどだと思いますが、FXはなにもわからないまま始めると簡単にお金を失います。全世界の猛者がトレードに参加しています。最初から自分だけ上手くいくなんて思わないですよね?

大事な資金をわからないままに溶かすのは、もったいないです。自分なりに手ごたえを掴んでから資金を投入すればいいのです。最低1年間は市場に慣れるまで資金は温存し、とにかく市場に毎日参加して慣れていきましょう。

トレードで勝つために一番大事な心得は、「トータルで勝てればいい」という考え方です。一回一回の結果を気にしていては、トータルで勝つことはできません。100回1000回と繰り返して優位性のあるトレードを行っていきましょう。そのためには損切は必須です。

「あらかじめ決めていたポイントで迷いなく損切すること。」相場は自分の思い通りに動きません。違うなと思ったら躊躇なく損切できるように練習していきましょう。

頑張ってください!

シグナルハンターKENICHIさん (シグナルハンターKENICHIブログ)

プロフ画像

私は元々勝てないトレーダーでした。テクニカルも難しいイメージがあり苦手で、投資というよりはギャンブルに近い感覚です。チャートに振り回されて、いつも後手に回って損をしていた感じです。

そんな私の転機は、MT4との出会いでした。テクニカル分析も身近に感じるようになり、チャートから得られる情報の意味を理解していくうちに、『この先どうチャート動いていくのか』をイメージするようになりました。

最初は精度も低かったですが、自分でインジケーターの開発をするようになってからは更に理解が深まり成績も向上。開発の末辿り着いたエントリーポイントを表示するインジケーターも、現在ブログをご覧の多くの方に利用をしてもらって好評をいただいています。

当時と現在と、何が1番違うのかと聞かれれば、チャートをみる『目線』だと思います。チャートの変動に右往左往して振り回されていた時は、常に乗り遅れているような感覚でした。今は目線を過去ではなく未来に向けています。

勝っても負けてもいいから、目線を未来に向けることが大切です。

  • 外れてもいいから、とにかく未来の予測を立ててみること。
  • その結果を分析して、良い点と悪い点を理解して再チャレンジ。

この2つを何度も実践する。私がやってきたのはこれだけです。いきなり明日から勝てるようになる魔法ではありませんが、日々コツコツと積み重ねていくように成長できる方法だと思います。

オカダナオトさん (FX検証Blog King ー勝ち方と稼ぐための手法ー)

プロフ画像

僕は2009年からFXをはじめまして、最初はビギナーズラックで大勝ちしてラッキーな日々を過ごしたんですが、すぐに大負けして、1トレードで100万円以上を強制決済もされました。

でもその後、しっかりとFXトレードの知識とやり方を学んだことによって、現在は安定して利益を残せるトレードができるようになりました。

FXはしっかりとやり方を学んで取り組めば、コツコツ利益を伸ばしていけるものだと言えます。

最初はわからないことばかりで大変ですが、小さくても利益を勝ち逃げることを意識していくといいと思います。

身の丈にあったトレード計画とトレードルールで、コツコツやり続けて、利益を複利で積み重ねて大きくしていけるようにしていきましょう。

パンダさん (為替予報 パンダFXブログ)

Panda

FX初心者が勝てるトレーダーになる為にすべき3つの事とは?

「今FXトレードをしていてどうしても勝てない!
エントリーしたポジションがほとんど逆にいく。」

今為替の相場で負け続きな方は一度は思ったことがあることだと思います。私はFXトレードを初めて10年程になりますが、今では「生き残れるトレーダー」になれています。FXで1億稼ぎました!そのような派手なトレーダーではないですが、ここ数年は年間を通して負けることはなくなりました。

トータルで勝てるようになると心に余裕がでてきます。余裕がでると、例え負けトレードになっても「トータルで勝てば良い」などの気持ちになるので、熱くなってチャートを無視したトレードなどもなくなり、良い方向に向いていきます。

少しの変化、気づき」によって、負け続いていたのが勝てるようになるのが、トレードというものです。私が勝てるようになった、「変化、気づき」を紹介させていただきますので、生き残れるトレーダーになりたい方の参考になればと思います。

  1. 手法探しの旅を辞める
  2. インジケーターはなんでも良い!使うツールは最初はできるだけシンプルにする
  3. エントリーはシナリオを作り、必ず入り口と出口を決める

FXトレードの初心者の方で全く勝てない方は、まず上の3つをしっかりやってみてください。

私も最初は、色々なインジケーターなどを表示させては「これは違う、これも違う」といったように「聖杯探し」、いわゆる手法探しの旅をしていましたが、勝てる手法ばかりを探しても見つからないし、勝てない状況でした。

しかし、結局はインジケーターやツールは何を使っても同じだと思っています。これはブログでも書いていることですが、最初は使うインジケーターの癖やパターンを覚える、そして使うインジケーターは最小限にすることが良いと思います。

例えば、「移動平均線1本+一目均衡表」や「移動平均線1本+ボリンジャーバンド」といった感じです。移動平均線が1本や2本でも良いと思いますし、とりあえず「これだ!」と思ったインジケーターをチャートに表示させて眺めていると、インジケーターとローソク足の位置関係や動き方などを覚えます。

チャートパターンは何年たっても同じ動きです、試しに一目均衡表をチャートに表示させ、過去のパターンを見てください。ローソク足が雲の上や下を行ったり来たりしているだけで、一目均衡表とローソク足のパターンはほとんど同じような動きになると思います。

次に形を覚えきたら自然とエントリーパターンが見えてくるはずです。例えば、このポイントなら利益が伸びるポイントだな、、などです。

手法探しをしていたり、チャートにインジケーターを山ほど表示させていたりすると、色々なインジケーターに目が行き、なかなかパターンに気づきにくいと思いますので、最初はシンプルなチャートではじめるのが良いかと思います。

エントリーパターンが出来てきたら、最後はトレードの入口と出口を決めてからエントリーする。入口と出口と言うのは、ポジションを立てるポイントと損切りするポイントです。

この当たり前のことを「しっかり」するだけで、回数をこなせば生き残れるトレーダーになれる可能性は高くなると思っています。このトータルで勝てるシナリオ作りに必要なのは、チャートパターンを覚え「利益を伸ばせるポイント」があると確信、理解していることが必要となります。



Paula Rodriguez

Paula RodriguezはTitan FXのコンテンツマネジャー。クリエイティブなものに魅了され、アートなどの様々な分野からインスピレーションを受け、クリエイティブライターとして活躍している。Titan FXでは、為替トレーダーとして成功するために必要な身体的、心理的フィットネス、規律や決意について書いた、為替取引ライフスタイルの記事を担当している。

Paula- 過去の記事