(function() { var didInit = false; function initMunchkin() { if(didInit === false) { didInit = true; Munchkin.init('105-GAR-921'); } } var s = document.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.defer = true; s.src = '//munchkin.marketo.net/munchkin.js'; s.onreadystatechange = function() { if (this.readyState == 'complete' || this.readyState == 'loaded') { initMunchkin(); } }; s.onload = initMunchkin; document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s); })(); (function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:1422437,hjsv:6}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.defer=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'https://static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');

3 - レバレッジとは?

レバレッジとは

レバレッジとは「てこ」の意味です。レバー(lever)という単語から来ています。小さな力で大きなものを動かせるという原理のことです。

てこの原理は、大きなものを小さな力で持ち上げることのできる仕組みですが、証拠金取引で使う「レバレッジ」とは、口座に預けた資金に対して、その金額の何倍もの大きな資金を運用することが出来る仕組みです。このレバレッジという単語は、主に自己資本を元手にした経済活動などで用いられる用語です。レバレッジは倍数で表示されます。

レバレッジの例

【レバレッジ1倍】1万円の資金で1万円分の取引が可能。

例えば10万円の資金を持っていても、通常は10万円分のドルしか買えません。便宜上、

1ドル=100円だとすれば、1000ドルに両替が出来るという事です(手数料は除外)。

そして、1ドル=101円となった際に、この保有していた1000ドルを日本円に戻せば、

101円×1000ドル=10万1千円となり、1000円の利益が出ます。

【レバレッジ10倍】1万円の資金で10万円分の取引が可能。

しかし、これをレバレッジ10倍で取引すると、10万円×10倍=100万円分の取引が可能となり、100万円分のドルを購入する事が出来ます。従って、【レバレッジ1倍】の例と同じ様に、

1ドル=100円が1ドル=101円に上昇すれば、100円×10000ドル=100万円が、

101円×10000ドル=101万円となり、差し引き1万円の利益となります。

この様に、口座に入っているのが同じ10万円でも、レバレッジ10倍の口座だと、10万円の資金で10倍、100万円分のドル(1万ドル)を買うことが出来るのです。

最大レバレッジはブローカーにより異なります。Titan FXでは、最大500倍のレバレッジを提供しています。ここでは、そのレバレッジがどのように作用するのかをシュミレートしてみましょう。

レバレッジ1倍なら、1万ドル購入するのに必要な資金は10000ドル×100円=100万円です。ところが、レバレッジを使えば、同じ1万ドルを購入する場合でも、投資資金は大きく変わってきます。

[table id=68 /]

上記の例で購入したドルは、いずれも1万ドル分ですので、1ドル=100円から1ドル=101円に上昇すれば、その為替差益は、10000ドル×101円-10000ドル×100円=1万円となります。

ここで重要なのは、為替レートが同じく1円動いている場合、レバレッジに関係無く利益は同じという事です。つまり、レバレッジ500倍で有れば、2,000円の投資資金に対して10,000円の利益を得られるという事になります。単純に、「資金が5倍になった!」というお話になります。これが、証拠金取引とレバレッジを組み合わせた事による良い面での効果です。

※後述する「証拠金維持率」の都合で、実際には2,000円で1万ドルを購入することは出来ません。

上で「良い面での効果」と注釈を付けたのには理由が有ります。それは単純に、「必ずしも狙い通りの方向に動くとは限らない」という相場の特性があるからです。つまり、損失になるケースも十分に有り得るという事です。

例えば上記の例において、1ドル=100円で購入した後、1ドル=99円に下落してしまった場合、10000ドル×99円-10000ドル×100円=-1万円(1万円の損失)となります。

この損失額は投資資金から見て、レバレッジ1倍(100万円)であれば1%、レバレッジ10倍(10万円)であれば10%、レバレッジ100倍(1万円)であれば100%の損失となります。

Leverage

「1%の損失と10%の損失がどの程度、心理的に圧迫を与えるか」は人それぞれかもしれませんが、利益を大きくする効果があるのと同時に資金に対する損失割合も大きくしてしまうのがレバレッジという仕組みの本当の怖さでもあります。

この様に、レバレッジを掛けると、少ない資金で大きな金額のトレードが出来、思惑通りに動いた時は大きな利益を得ることが出来ますが、思惑を外して損失になった時には、資金量に対して大きな損失を被る事にもなるのです。

レバレッジには、利点も弱点も有ります。レバレッジには、少ない元手資金で大きな利益を取ってくれる反面、大きな損失を被ってしまうリスクもあるのです。レバレッジを用いた投資には、このようなリスクもあるという事をしっかりと認識しておいて下さい。