(function() { var didInit = false; function initMunchkin() { if(didInit === false) { didInit = true; Munchkin.init('105-GAR-921'); } } var s = document.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.defer = true; s.src = '//munchkin.marketo.net/munchkin.js'; s.onreadystatechange = function() { if (this.readyState == 'complete' || this.readyState == 'loaded') { initMunchkin(); } }; s.onload = initMunchkin; document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s); })(); (function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:1422437,hjsv:6}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.defer=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'https://static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');

7 - スリッページとは?

スリッページとは?

トレーダーが画面で注文している向こう側には世界規模のFXマーケットが存在し、いくつもの経路を通って自分の注文が処理される仕組みになっています。そのため、特に指標時等、値動きが激しい場合、その経路を通っている間にレートが動いてしまい、必ずしも期待通りの値で約定しない場合もあります。

その具体的な流れは以下の通りです。

トレーダーが画面でクリック

業者のサーバーに注文指示が飛ぶ

FX市場(インターバンク)に注文が飛ぶ

その時点で約定

この間にも、刻一刻とレートは変化していますので、クリックしてからインターバンクに注文が届くまでにレートが動いた場合、その時点で市場にある一番近い値で約定となります。

FX取引では相手が常に動いているという性質以上、ある程度滑るのは許容しなければいけませんし、上記の通りFX取引の本質上、絶対に滑らないという事も現実問題として有り得ないと考えて良いでしょう。

トレーダーとしては、この滑った分もスプレッドに加味して考える必要が有りますので、できるだけスプレッドの小さい、スリップの少ない業者を選び、なるべく狙った位置に近いところでエントリーや決済出来る環境を構築する必要があります。

Titan FXでは、インターバンク市場に直結するECN最新テクノロジーZero Pointを構築し、クリックしてから注文がインターバンクに届くまでの処理速度を最適化しているため、スリッページはほとんど発生しません。指標時等、値動きが激しい環境で、仮にスリップしてしまった場合は、市場にある一番近いレートで約定します。