NZドル/米ドル 0.7040をブレイクできるか

NZドル/米ドル 0.7040をブレイクできるか

キーハイライト

  • NZドル/米ドルは、堅調に上昇後、0.7040付近で売りに転じる
  • NZドル/米ドル 4時間足チャート上0.7040付近のレジスタンスエリアに、三角持ち合い相場が形成
  • 本日、中国国家統計局より、中国消費者物価指数(CPI)が発表、2016年12月期の結果は、予測値0.3%増に対し、0.2%増
  • 前年同月比では、予測値2.3%増に対し、2.1%増

NZドル/米ドル テクニカル分析

NZドル/米ドルは、直近で0.6884の安値更新後回復し、上昇の動きを見せています。同ペアは、現在堅調に推移していますが、0.7040付近でレジスタンスエリアに直面しています。

NZドル/米ドル テクニカル分析

4時間足チャート上の同付近に200日単純移動平均線や、三角持ち合い相場が形成されていることが、NZドル/米ドルの上昇を妨げている主因です。

同ペアは、過去にも2、3度、0.7040付近で反発の動きを見せており、直近では、反発後に下落した後、100日単純移動平均線にてサポートされています。200日単純移動平均線、または0.7040をブレイクした場合、しばらくは上昇トレンドが継続することが予測できます。

中国・消費者物価指数

本日、中国国家統計局より、中国消費者物価指数(CPI)が発表されました。消費者物価指数とは、消費者が購入する生活用品の価格変動を示す指標となります。

市場では、2016年12月期は前月比0.3%増と予測されていましたが、結果は予測を下回り、0.2%増にとどまりました。また、前年同月比では、2.1%増となりましたが、予測値の2.3%増を下回る結果となりました。

結果はさほど好調ではなく、市場心理の改善には繋がりませんでした。また、この結果により、当面の間、NZドル/米ドルが0.7040をブレイクアウトする可能性は、低くなったと言えます。次回発表される重要指標がNZドル/米ドルへ与える影響に注目したいところです。同ペアが下落した場合、0.6980付近がサポートラインになると予測されます。



Aayush Jindal

Aayush is a Senior Forex/Financial Market Strategist with a background in IT and financial markets. He specialises in market strategies and technical analysis, and has spent over seven years as a financial markets contributor and observer. He possesses strong technical analytical skills and is well known for his entertaining and informative analysis of the currency and commodities markets.

Aayush's latest posts