(function() { var didInit = false; function initMunchkin() { if(didInit === false) { didInit = true; Munchkin.init('105-GAR-921'); } } var s = document.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.defer = true; s.src = '//munchkin.marketo.net/munchkin.js'; s.onreadystatechange = function() { if (this.readyState == 'complete' || this.readyState == 'loaded') { initMunchkin(); } }; s.onload = initMunchkin; document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s); })();(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:1422437,hjsv:6}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.defer=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'https://static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');

Nick Goold

外国為替市場は週を通して開いており、 週末にクローズとなります。 そのため金曜日の終値と月曜日の始値に乖離が生じることがありま す。以下では、 多くのトレーダーがこの特殊な市場特性から利益を得るために活用 している戦術である、FXの週末ギャップ取引戦略について掘り下 げます。

週末ギャップの定義

外国為替取引は、世界の主要な金融センターの営業時間に合わせて 1日24時間、週5日間行われています。 金曜日のニューヨーク取引セッションが終わると、 外国為替市場は終了し、 月曜日のシドニー取引セッションで再開します。この間、 地政学的な出来事や新たに発表された経済データ、 市場を動かす重要なニュースなど、 さまざまな要因によって為替相場は変動しやすくなります。 取引が再開されたとき、始値が金曜日の終値と著しく異なる場合、 「ギャップ」が発生したと言います。

週末ギャップ取引戦略の理論

週末ギャップ取引戦略は、 このような価格のズレを利用しようとするFXトレーダーの間で人 気があります。この戦略の主な前提は、 市場がギャップを埋めようとする性質、 つまり価格が金曜日の終値に戻ろうとすることです。したがって、 トレーダーは、 月曜日の市場が始まるとすぐにポジションを開始し、 価格が反転してギャップを埋めることを期待します。

週末のギャップ取引の実行

週末のギャップ取引を上手に行うには、 いくつかの重要なステップがあります:

ギャップを特定する

月曜日のマーケットオープンで最初に行うことは、 金曜日の終値と月曜日の始値の間に大きなギャップが形成されてい るかどうかを確認することです。

取引を開始する

ギャップが存在する場合、 次のステップはギャップを埋める方向に取引を行うことです。 例えば、月曜日の始値が金曜日の終値より高い場合( 上昇ギャップ)、 ギャップを閉じるために価格が下落することを予測し、 ショートポジションを持つことが適切な動きとなります。

タイミングが重要であり、 早すぎるエントリーは損失につながりやすくなります。 ギャップが開くと、 金曜日にポジションを持っていたトレーダーの中には、 損失を出して撤退しなければならない人も出てきます。 このパターンで利益を得るには、 損切り注文が終わるまでポジションを持つのを待つことが重要です 。相場が突然一方向に動き、その後すぐに逆方向に動き始めたら、 ストップロス注文が終了したサインであり良いエントリーポイント となるかもしれません。

ストップロスとテイクプロフィットのポイントを決める

単純なリスク管理戦略は、 ストップロスを日曜日の始値以下に設定し、 ターゲットを金曜日の終値に設定することです。 より上級のトレーダーは、 トレーリングストップを使用してリスクを軽減し、 市場が金曜日の終値に戻った場合に利益を拡大する機会を探します 。

取引の監視

取引を行った後は、 それを注意深く監視することを忘れてはいけません。 市場のボラティリティによって、 ギャップはすぐに閉じることもあれば、 徐々に閉じることもあります。 ギャップが次の取引週中に閉じないこともあり、その場合、 他の多くのトレーダーが同じような負けポジションを抱えることに なるため、 注意を払わなければ大きな損失につながる可能性があります。

ギャップ取引のリスク

週末のギャップ取引は有利な機会をもたらしますが、 以下のリスクに注意することが重要です:

閉じないギャップ

すべてのギャップが閉じるわけではありません。 一部のギャップは長期間開いたままとなり、 マイナスのリターンが長く続くことになります。 すべてのギャップが閉じると思ってはいけません。 週末のニュースが重要な意味を持ち、 新しい価格トレンドが始まり、 それが長期間続くこともあるからです。

スリッページ

外国為替市場は、 月曜日のオープニング中にかなりのボラティリティを示すことがあ ります。スリッページが発生する可能性があり、 設定したレベルとは異なる価格で注文が執行される可能性がありま す。エントリーポイントは慎重に見極め、 相場を追いかけないようにしましょう。

大きなギャップのリスク

週末に大きなイベントやニュースが発表されると、 異常に大きなギャップが発生する可能性があります。 市場が落ち着くまで待ち、リスクを減らしましょう。

ギャップ取引におけるリスク管理の統合

効果的なリスク管理手法を取り入れることは、 週末のギャップ取引において非常に重要です。以下は、 取引活動を安全に行うためのいくつかの方法です:

取引ごとのリスク

各取引のリスクは、取引資金のごく一部、通常は1~2%以下に抑 える必要があります。

相関リスク

密接な相関関係にある複数の通貨ペアでギャップ取引を行う場合は 、相関リスクを意識する必要があります。

ニュース認識

週末には、 大きなギャップを生じさせるような重要なニュースについて、 常に最新情報を入手しましょう。 アナリストによってイベントの重要性に関する見解が異なるため、 ニュース分析は複雑になる場合がありますが、FX市場におけるニ ュースの影響力を過小評価してはいけません。

ギャップ取引戦略のバックテストとデモ取引

どのような新しい戦略でも、 実行する前にテストすることが不可欠です。 ギャップ取引戦略のバックテストを過去のデータと比較することか ら始め、次にデモ口座で実践し、 リアルタイムの市場条件下でどのように機能するかを観察します。 これにより、その有効性を評価し、 観察に基づいて調整することができます。

ギャップ取引の心理学

あまり議論されていませんが、 ギャップ取引において重要な要素はトレーダーの心理です。 市場が開くのを待ち、 ギャップが形成されるかどうかを確認するには忍耐力が必要です。 ギャップが閉じ始める前に価格が反対方向に動く可能性があるため 、取引が開始された後の感情のコントロールは非常に重要です。 恐怖心や欲に負けることなく、 あらかじめ決めた損切りと利益確定を守ることが、 ギャップ取引の成功と失敗の分かれ目になることがよくあります。

結論

週末ギャップ取引は、外国為替市場の一時停止を利用した、 非常に有益な戦略です。 大きな利益をもたらす可能性がある一方で、 関連するリスクを理解し、 効果的なリスク管理戦略を採用することが極めて重要です。

ほぼ満足