Titan FXは、世界各国にまたがるITインフラストラクチャーをはじめ、複数の国にデータセンターやサービスデスクを配置する、グローバルなFXブローカーです。


世界各国に展開しているサービス基盤により、世界経済の動向や政治情勢、環境の変化に素早く対応し、どのような状況下においても最高の取引環境をお客様に提供しています。

バヌアツ共和国 ポートビラ -  金融商品及び証券等取扱ライセンス

- リテールブローカー業務
- コンプライアンスチーム

TitanFXのリテールブローカー業務は、バヌアツ共和国の首都ポートビラに拠点を置いています。バヌアツ共和国は近年、アジア・太平洋地域における金融ハブとして発展続けています。

アメリカ合衆国、ダラス - サポートセンター

- 24時間のクライアントサポート

ダラスは、ニューヨークに次ぐ金融の中心地として急成長を遂げている、米国南部の都市の一つです。

アメリカ合衆国、ニューヨーク - エクイニクス NY4 ECN ブリッジ

- ECNブリッジ
- 取引サーバー

Titan FX ECNは、低レイテンシで知られているニューヨークの エクイニクス NY4ファイナンシャルデータセンター内に配置されています。Titan FX ECN は、広さ30,000㎡の広大なエクイニクスファイナンシャル取引ハブ内に設置され、金融ブローカー、投資銀行、ヘッジファンドや超高 速取引(HFT)に特化したプロバイダー等の主要な取引が行われるインフラストラクチャーに、統合されています。

オーストラリア、メルボルン - プラットフォーム開発

- クライアントキャビネット開発
- 新技術開発

近年ヴィクトリア州のメルボルンは、フィンテック開発の中心地として急浮上しています。 Titan FXは、メルボルン拠点のスペシャリストのチームと連携し、クライアントキャビネットの開発管理を行いながら、常に最新のFX取引技術を取り入れ、お客様とFX市場との絶え間ない接続を可能にしています。

ムンバイ, インド – 経済市場分析データセンター

- 金融市場アナリシス
- 市場分析レポート

Titan FX 経済市場分析データセンターは、インド経済の中心地ムンバイを拠点としています。ムンバイは、インド準備銀行(RBI)、ボンベイ証券取引所(BSE)、インド国立証券取引所(NSE)、インド証券取引委員会(SEBI)といった金融機関や、数多くのインド企業および国際企業の本社を擁す、インド最大の金融都市です。

イギリス、ロンドン - 金融テクノロジーアドバイザー

- ファイナンシャルアドバイザー

ロンドンは金融ハブとして長い歴史のある都市です。Titan FXのアドバイザーは、ヨーロッパの金融中心地であるロンドンに拠点を置き、金融テクノロジー開発および向上に取り組んでいます。