(function() { var didInit = false; function initMunchkin() { if(didInit === false) { didInit = true; Munchkin.init('105-GAR-921'); } } var s = document.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.defer = true; s.src = '//munchkin.marketo.net/munchkin.js'; s.onreadystatechange = function() { if (this.readyState == 'complete' || this.readyState == 'loaded') { initMunchkin(); } }; s.onload = initMunchkin; document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s); })();(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:1422437,hjsv:6}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.defer=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'https://static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');

Nick Goold

ゴールド

銀行を中心とした金融関連機関の混乱がきっかけとなって、先週の月曜日、ゴールドは2,000ドルを超え、ストップロス注文を巻き込んで急騰しました。しかし、クレディスイスの買収が決定し、ストップロス注文も一服すると、2000ドル台から1930ドル台まで急落します。月曜日には重要な反転パターンシグナル「十字線」が形成されました。さらに売られると、10日移動平均線のサポート付近まで買い戻されます。

米10年金利は、FRBが銀行セクターを支援しようとしていることから期待値が低下。2023年の最低水準まで低下しました。金利の低下はゴールドの買いを促すことになり、テクニカル的な買いシグナルと重なって再び2,000ドルを試しました。

米10年金利は、連邦準備制度理事会が銀行セクターを支援しようとしていることから、期待値が低下し、2023年の最低水準に戻りました。金利の低下は金をより魅力的な投資対象とするため、10日移動平均線でのテクニカル買いと共に、金は週明けに再び2,000ドルを試しました。

2,000ドル台のトライに何回も失敗していることには注意すべきですが、上昇トレンドは強いと判断できます。ドイツ銀行に対する懸念が浮上しており、ゴールドは短期的に安全資産として需要が高い状態が継続する可能性が高いでしょう。短期的にはレンジ取引、中期的には押し目買い戦略がベストなトレード戦略と考えます。

レジスタンス:2000, 2010, 2070

サポート:1965, 1935, 1918, 1900, 1890, 1870, 1830

原油(WTI)

先週、原油はドル安によって買いが強まり、価格が70ドルを上回りました。しかし、FOMCが終わると米景気後退の懸念が高まり、主要な抵抗線となる72.50にトライはできませんでした。

10日移動平均線は依然として下向きであり、原油価格が70ドル以上で引けなかったことは弱気材料となります。そのため、今後1週間は横ばいから下降の値動きが予想されます。

レジスタンス:70.00, 71.50, 72.50, 75.00, 80.50, 82.50

サポート:65.00, 62.00, 57.00, 50.00

Great