(function() { var didInit = false; function initMunchkin() { if(didInit === false) { didInit = true; Munchkin.init('105-GAR-921'); } } var s = document.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.defer = true; s.src = '//munchkin.marketo.net/munchkin.js'; s.onreadystatechange = function() { if (this.readyState == 'complete' || this.readyState == 'loaded') { initMunchkin(); } }; s.onload = initMunchkin; document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s); })(); (function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:1422437,hjsv:6}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.defer=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'https://static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');

ゴールド、米FRB議長の発言で7ヶ月ぶりの高値を記録

ゴールド

ゴールドは、米金利期待の低下と米ドル安を背景に、記録的な上昇を見せ、7ヶ月ぶりの高値を記録しました。米連邦準備制度理事会(FRB)の議長、ジェローム・パウエル氏が最近、インフレデータの減速を認めつつも、コアインフレが依然として高いことを強調しました。このFRB議長の姿勢により、トレーダーたちは米国の将来の金利予想を低下指せたようです。

米債券市場の動きが、ゴールドの上昇の引き金となりました。特に、米10年債利回りは先週0.2%減少して4.2%になりました。加えて、特に中東における地政学的な緊張が、安全資産としてのゴールドの魅力を高め続けています。

市場の焦点が2,080ドルの抵抗帯に移行する過程で、ブレイクアウトが起こると買い注文が急増する可能性があります。しかし、市場は先週金曜日にトレーダーたちがショートポジションを損切りしたことにより、短期的に買われ過ぎとなっています。市場が買われ過ぎの状態にあるが、このレベルでの売り戦略にはリスクがあります。トレーダーは、ゴールドの価格が10日移動平均に近づくのを待ってから買う方が良いでしょう。

金チャート12月3日

レジスタンス:2075, 2080, 2100

サポート:2050, 2010, 2000, 1984, 1946, 1900, 1884, 1836, 1809

原油

先週、原油市場は記録的な上昇となり、一時的に重要な節目価格である80ドルの抵抗帯に達しました。この上昇は、OPEC+会議を前にした期待によって一部影響を受けました。しかし、その勢いは失速し、原油は高引けすることはできませんでした。この変化は、サウジアラビアやロシアなどの主要な産油国を含むOPEC+加盟国が、2024年第1四半期の自発的な減産を発表した後に起こりました。日量約200万バレルの削減を伴うこの決定は初めは楽観的な観測となりましたが、最終的には市場の期待には届かず、原油の価格の下落につながりました。

発表された削減の構成も市場の反応にさらに影響を与えました。特に、減少量の大部分は、サウジアラビアとロシアによる既存の自発的な制限の延長である約130万バレルだったのです。このことが明らかになったことで、今回の発表のインパクトはやや薄れ、世界的な石油供給の変化は当初考えられていたよりも小さいことが示されました。ドル安は通常、原油相場を後押ししますが、原油市場のセンチメントは引き続き弱気で、OPEC+の発表に続いて原油が上昇トレンドを維持するのに苦戦しました。

市場は週末に圧力を受け、72.5ドルのサポートレベルを試しにいく可能性があります。市場がレンジ内で推移しているため、今週大きな動きが起こる可能性は低いです。このシナリオでは、10日移動平均から大きく乖離したときに、移動平均線まで戻ることを期待して、逆張りをする戦略が考えられます。

原油チャート12月3日

レジスタンス:80.00, 85.10, 88.50, 94.00

サポート:75.00, 70.00